保健師さんのための転職情報サイト

保健師求人の年齢制限

保健師を目指すのに年齢制限はありません。 しかし保健師の求人には年齢制限がある場合もあるので注意しましょう。

ここでは、保健師求人の年齢制限と保健師になる方法との関連についてご説明しましょう。 たとえば産業保健師を目指す場合は、新卒の保健師を採用する企業は少なく即戦力となる人材を求めています。 一方、新卒の保健師の求人先の大部分は都道府県や市区町村の保健センターや保健所で勤務する<行政保健師>です。

保健師になるには看護師と同じように国家試験に合格しなければなりません。 保健師になる方法は次の3つのパターンになります。

1番目は看護科がある高等学校で3年間学び、その後看護専門学校で2年間学び、その後1年間保健師学校で学ぶ方法で合計6年間必要です。

2番目は看護専門学校や看護短大で3年間学び、その後1年回保健師学校で学ぶ方法で4年間必要です。 3番目は看護大学で4年間勉強する方法で大部分は看護師と保健師の統合プログラムが導入されています。 看護大学を卒業すれば保健師と看護師の両方の国家試験が受験できるようになっています。

行政看護師でも国家公務員と地方公務員によって求人の年齢制限は異なります。 国家公務員採用試験の年齢制限は大卒の場合は総合職も一般職も29歳になっています。 地方公務員の採用試験は各地方自治体によって違いますが、一般的には20歳代後半から30歳までが多いです。

看護師資格を取得して数年間看護師の経験をしてから保健師国家試験を受験する人も多いです。 そうすると年齢は二十歳代後半になりますから行政保健師を希望している人は注意しましょう。 東京都の場合は例外で保健師求人は40歳未満という年齢制限になっています。

公務員以外の産業保健師の場合は新卒保健師よりも即戦力になる経験者を希望しています。 とりわけ看護師の臨床経験がある保健師のニーズは確実にあり年齢制限も比較的高くなっています。 また産業保健師の場合は従業員の健康管理のみならずコールセンターで仕事をするケースもあります。

以上、保健師求人の年齢制限と保健師になる方法との関連についてご説明しました。 もしも保健師で転職を考えているならば、保健師専門の転職サイトで求人案件の年齢制限情報などコンサルタントにアドバイスしもらうのが一番でしょう。

↑ PAGE TOP