保健師さんのための転職情報サイト

産業保健師について

産業保健師は現在需要が増加傾向にありこれからもどんどん増えていくと思われる職業です。 企業で働いてる人の健康管理や衛生管理を重視している企業が増えていて、産業医などと連携を取って職場環境を整えている企業が増えています。

産業保健師はそういった労働者に対して仕事が適切に、はかどるようにサポートする役割が求められています。 たびたび問題になっている過酷な職場環境による過労死などの問題があったり、あるいは身体的な病気やけが、さらには心理的な病気でうつ状態になってしまったりする人が年々増加している傾向にあります。

そういった問題に対して、解決するために労働者に対しての身体的なケアや心のケアなど幅広い部分での早期発見が求められ、産業医や産業健診の設置をしている企業がだんだんと増えている状況です。

産業保健師の仕事内容というと今までは労働災害や事故の予防などをメインとしたものが多かったのですが、現在は生活習慣病、他にも景気低迷により雇用者の労働のメンタル的な負荷の軽減、社員さん一人一人に仕事への負荷がかかることでハラスメントからのうつ病が自殺などか起こってしまう現状に対して、その役割を抑えるものが求められています。

企業にとっても、そういった負荷を軽減しておくことで労災申請や裁判にまで発展してしまうような事例を未然に防ぐことが可能になり、積極的に産業保健師の採用している企業が増えています。

産業保健師はこれまでは保健所や行政などで働く人がとても多かったのですが、そういった民間企業でも年々と需要が高まっています。産業保健師として主な働き場所は企業が保有する健康管理室などへ勤務するケースが年々増加傾向にあるようです。

最近の産業保健師の仕事はさらに仕事内容が拡大されてきて企業がグローバル化になっている場合は海外での疾病、新しいウイルス疾患に対する予防なども求められています。こういったグローバル化されている企業での採用も多く、報酬の面でも比較的高い職業といえます。

↑ PAGE TOP