保健師さんのための転職情報サイト

保健師の役割と現状について

現在保健師として勤務している約半分の人が行政期間で働いています。 最近では保健師と言っても保険だけに関わらず医療や福祉などの深い知識が必要となってきています。その分大変ではありますが、やりがいもあります。人のために役立つということを身近で感じられる職業といえます。

保健師の就職を希望する際には行政機関に就職することが多いのですが、最近ではそれ以外に企業保健師として産業医が衛生管理者と共にその企業における労働災害や事故防止などの対応をしたり、また、学校等で保健師として生徒の事故、メンタルケアなど快適な学校生活が送れるようにサポートすることもあります。

ひょっとしたらそういった企業や学校の中で保健師としての役割は地味と思う人もいるかもしれませんが、大変重要な役割を果たしています。 保健師はその豊富な知識や経験を生かして発展途上国などに派遣されるケースもあります。衛生指導や健康指導が現地の人から重宝がられています。

年々と保健師としての役割を重要と考えている企業や学校も多くなってきており、これからもこの仕事はどんどん増えていく傾向にあるかといえます。

保健師の役割というのは行政や民間の分け隔てなく必要とされています。そして病気の治療というよりその前段階の予防についてアドバイスすることが多いので実際に臨床で看護師として経験がなくても、保健師になることが可能です。

保健師は治療や予防のアドバイスももちろんですが、人とのコミュニケーションで相手の話を聞いてあげたり、心のケアをすることもとても大事な仕事です。そういった反応がすぐに感じられるので、逆に言うとクレーム対応などもあり大変な部分もありますが、フィードバックが肌で感じられる職業と言えます。

話の内容として健康や保健に関するサポート面が多いので、アドバイスすることで相手から感謝してもらえて反応を感じられるといった事があり、より充実感や感謝の気持ちが伝わる仕事といえます。

↑ PAGE TOP